発達障害の子育て教育体験記



発達障害 子育ての検索情報

発達障害 子育てについて調べてみました。



対話と当事者性の罠――ネットワーク型サイエンスコミュニケーションへ - 菅野康太 - BLOGOS

対話と当事者性の罠――ネットワーク型サイエンスコミュニケーションへ - 菅野康太
BLOGOS
このような場を、子育て中、もしくは、子育て前に共有し、子育てに関する価値観・考え方との出会いを創出することは「女性にとって、将来のさまざまな可能性を探ることにも繋がる」と、peek projectの岡島礼奈さんは仰っていました(いみじくも、今回の講師であるおかべと筆者(菅野)も「前子育て世代」になります)。 どのよう ...

and more »




Q姑が発達障害なのかもしれません。結婚当初から疑問に思っていました。姑が普通の人とは思えません。例として、 *同じ失敗を何度も繰り返し、それを全て人のせいにする *記憶の欠如が著しい 。子育てのことやそれなりに重大な事でも覚えてないと言う。自分が置いた物を人が動かしたと言う。 *何か問題が起きた時自分では対処できないので、私達にさせてそれが解決に向かうと自分がしたように言う。 *ものすごく世話になった人に恩を仇で返す。 *全ての人が自分の思う通りに動くと考えている。又は動かない人がいれば敵とみなす。 *人から注意されてもはいとは言わない。100%悪くても筋の通らない事でもいい通して絶対に謝罪しない。 *人が褒められると気に食わない。 *自分中心の会話でないと気に食わない。 大まかに言うとこの用な感じです。コミュニケーション的には普通です。ただ人の話に割り込んだり自分の話ばかりしますが。 旦那も同じような気がありますが ここまでひどくはないです。 ちなみに、姑が子供の頃、手のつけられないひどい子やったらしいです。 この用な事を踏まえて、発達障害があるのではと思えてきました。みなさん、どう思われますか?
Aこんにちは 34女です子供は2人います 姑のせいでとは言いませんが結婚始まってすぐに鬱になり家族間でトラブルそして離婚しました あなた様の姑は、まったくと言っていいほど、うち(今は他人ですが)の姑と一緒です。私は鬱になり発達障害について少し勉強しました。あなた様の姑さんはたぶんというか障害があるんでしょうね。症状はアスペルガー症候群.統合失調症.そのものです。アスペルガー症候群は世界でも珍しくもなく100人に1いるかなーって感じです。統合失調症も誰でもなる可能性があります。姑さんはこだわりとかありますか?たとえば食について.とかアスペルガーの人はそういうことが多いみたいです IQも一般の人と比べて高めであることが多いんだよ(そうでない場合もありますが) パニック障害はパニックした後記憶が飛ぶことが・・・ うちのトメは自分の都合のいいことは覚えてることがありましたが(笑)怒ってるでも起こったあとなにに怒ってたかわからない.みたいなことがあるみたいです...1回家族間で相談してみてはどうですか?1番重要なことは,トメさんに自分自身の症状を理解してもらうことが大切です 1回精神科に行ってはどうでしょうか 精神科といってもいろんな分野の先生がいるのでまずは、そのトメさんに合った先生を紹介してもらうことです、間違ってもトメさんの奇行をカメラとかで撮ってはいけません 発達障害の方はパニックなどの映像を取られることに抵抗があるみたいですから。発達障害の遺伝ははっきり確認はされてませんでも親がそうだと子供も遺伝する可能性があるみたいですそうでなくても可能性はゼロではありませんが うちのトメさんの癖は聞こえないふりをするでした(笑)子供のころからそれが続くようであればアスペルガーですね(たぶん)性格的なのも関係するけどね旦那様に遺伝はあるかもしれませんね でも親がトメなら子もトメだって感じですか(なんかスイマセン)教育するトメさんにも問題はあったかもしれませぬ 質問者様は今はトメさんと暮らしてるぽいですね 1回距離をとってみませんか?1度精神科に行くことを進めます どうでもいいけどうちの息子6年生はアスペルガーです やっぱ遺伝したんですかね・・・娘は確認されなかったんですが
Webサービス by Yahoo! JAPAN
もう死にたいです
機能不全の家族につかれました。 ADHDの傾向があると診断された中三の息子(15才)と、女癖が悪く家庭的でない夫に散々悩まされてきました。 とても忘れ物がひどく何百回言っても同じ失敗...


一緒に子育て 53 発達障害についてその1 非行・犯罪との関係 ...
学校教育でも、従来の名称から特別支援教育になって随分と年月が経ちました。この名称の変化は、発達障害の児童生徒を支援出来やすくするためです。その前後から、発達障害の理解促進の様々な手段取られてきました。従いまして、当初から比べればその ...

発達障害の子供への声かけ表』がいろんな相手に役立つと人気 ...
発達障害の子供と上手く接するには、一般的な子供を扱うよりも気遣いが必要です。発達障害の人は微妙なニュアンスが理解できなかったり、相手の感情を察することができなかったりするからです。 そんな発達 .... 発達障害がない子供の子育てでも使えます!






私と発達障害



シリーズ・わたしの体験記【1000円以上送料無料】わが子は発達障害 心に響く33編の子育て物語/内山登紀夫/明石洋子/高山恵子
価格: 2,160円 レビュー評価:0.0 レビュー数:0
著者内山登紀夫(編) 明石洋子(編) 高山恵子(編)出版社ミネルヴァ書房発行年月2014年07月ISBN9784623070077ページ数312P9784623070077内容紹介「全国のお父さん、お母さん、そして子育てをしているすべての方にエールを!」というキャッチフレーズで、全国から一般公募した「発達障害をもつ子どもの子育て体験記」の受賞作品を収録。お子さんを育てるなかで感じる戸惑いや苦労、喜びや感動などの様々な想いが生きた文章で綴られた33の物語からなる体験記集。本書では選考委員による選評に加え、巻末には資料編として、発達障害の相談機関や関連書籍の紹介など、役立つ情報を掲載。※本データは
Supported by 楽天ウェブサービス




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。